Ghetto

人によってはすこし暗いと思うかもしれないけど、生きにくさの解決や緩和などを目的としたやすらぎの場です

Ghetto

淡い世界の情景

f:id:ydet:20210216173822j:plain

前回、道産子ハウスにいたときのことを書きました。

もうすこし、道産子ハウスについて書きたいことがあったので語ります。

 

 

東光ストアのサガリ

道産子ハウスには台所がありました。

しばらく料理らしい料理はしていないのだけれど、道産子ハウスにいたときは簡単な炒め物を作ることがありました。

平たくいうと、シンプルにもやしと一緒に肉を炒めたりしていました。

札幌では、現地に普及している東光ストアというスーパーがあります。そこにはサガリ肉という、100グラム100円程度の肉がよく売られています。

ガリというのは、ハラミに隣接した柔らかい赤身中心の牛肉ですが、ホルモンにも隣接しているためホルモンとして扱われることもあります。

これは内地で売られていることは多くないけれど、北海道ではわりとポピュラーな肉です。

そういえば北海道で肉というと、ジンギスカンを連想する人も多いかもしれませんね。

でも北海道のジンギスカンは、セイコマなどで売られているものでなくてもほとんどが輸入品なんです(笑)

 

淡い世界の情景

それにしても、東光ストアのサガリ肉は道産子ハウスの台所にあるシェア品のフライパンの上に、同じくシェア品であるオリーブオイルを引いて炒めると...

筆舌に尽くしがたいほど、美味かった。

これは、筆者の札幌時代の忘れることのできない一品です。

年々淡くなってきましたが、それでも冬になると道産子ハウスの窓の外に深々と降り積もる雪を眺めながら、サガリ肉を炒めていたときのことを思い出すことがあります。

そこのテーブルと椅子が設えられたシンプルな飲食スペースで、数滴オリーブオイルを入れて炊飯した玄米とともに炒めたサガリ肉を食べていたことなどもそうです。