Ghetto

人によってはすこし暗いと思うかもしれないけど、生きにくさの解決や緩和などを目的としたやすらぎの場です

Ghetto

なぜ東北型の社会では自殺が多いのか

f:id:ydet:20191008163451j:plain

今回は自殺と地理の話をします。

具体的には『なぜ東北型の社会では自殺が多いのか』ということを、環境や人間関係の抽出情報を通して説明します。

 

 

なぜ東北型の社会では自殺が多いのか

とくに自殺者が多いのは、青森や秋田や岩手といった東北の県です。それから富山や島根といった日本海側の県に長年固定されています。

そうしたところの気候についていうと、風が強くひんぱんに天気が変わり、冬に雪が降るという共通点があります。また農業が盛んです。

社会通念として共通しているのは、地縁や横の結びつきが強いということです。そのためひんぱんに空気を読んで協調することが求められる東北型の社会になっています。

 

東北型の社会で自殺者が多くなる要因

先ほど説明したような東北型の社会で、自殺者が多くなる要因と考えられることを抽出すると次のようになります。

  • 風が強くひんぱんに天気が変わり、冬に雪が降る
  • 地縁や横の結びつきが強い
  • 空気を読んで協調することが求められる

 

自殺問題と人間関係

ところで地縁や横の結びつきが強く、ひんぱんに空気を読んで協調することが求められることには事情があるのではないでしょうか。

例えば、昔は社会システムの発達した現代とは異なり、そうしていなければ大量の積雪や洪水や日照りといった自然災害に対応しにくかったはずです。

それにしても、視野が内向きになれば自殺や精神疾患などの社会問題が起きやすくなります。そうなるとやがて人口減少にも接続されやすくなります。

ちなみに、他者との距離を空けて風通しをよくしたほうが自殺願望は緩和しやすくなります。なぜかというとそのほうが視野が広くなり、相手の視点から物事を考えて斟酌しやすくもなるからです。

ただし、先ほど説明したような地方にもいい面が多々あり、一昔前は田舎や郊外を中心に、近所の人と米や味噌や醤油を貸しあい支えあっていたという話を聞いたことがあります。

また、共同体のなかで就職や結婚のあっせんがしやすくなるという話を聞いたこともあり、地縁や横の結びつきの強い社会にもそうしたいい面も多々あります。