Ghetto

自殺願望や生と死について語ることを目的としたところ

自殺系サイトの作り方

f:id:ydet:20191008163451j:plain

引き続き自殺系サイト関係の話です。

具体的には運営や技術的な話になります。

なお、本記事は互助交流や相談を目的としたどちらかというとカウンセリングタイプのところのサポートになることを目的としています。

 

自殺系サイトの構造骨

近年は、自殺系サイトを運営するために参考になるテキストが欠けている印象がします。

では、自殺系サイトを合理的に運営するためにはどのようなことをすればいいのか?

そこでこちらでは、自殺系サイトをミドルからロングスパンで合理的に運営するために重要な、構造骨となるポイントを抽出してみます。

すると次のようになります。

 

  • ユーザーの権利や禁止事項を目立つところに体系的に明記する
  • コミュティコンテンツのタイトルを分りやすくする
  • 最初からレスポンシブWebデザインが自動で適応されるWixやブログなどをトップページにする
  • 半年に1回はSEO対策を見直す
  • バックアップデータを定期的に保管する

 

付記すると、サイトは有料のサーバーにしたり独自ドメインにしたりしたほうが無難です。

これには理由があります。

というのも、このサイトは初期の頃はフリーのサーバーを転々としていました。

ところがその時期、掲示板に変な書き込みをされ、すこし様子を見ていたところ無断で削除されるということがありました。

そういうことにならないためには、有料のサーバーや独自ドメインを契約することが肝要です。

なお、もしさきのようなことになっても、利用者側が小額でもお金を払っていると和解がしやすく、事後の相談時も意向が尊重されるようになります。

 

コンテンツはシンプルに

掲示板とチャットは集中して管理できるように、多くてもそれぞれ3つくらいまでにしたほうがいいと思います。

また、掲示板やチャットをあまり多種類にするのは合理的ではありません。

というのも、掲示板やチャットは種類の異なるタイプを採用しすぎると作業が複雑系になり、とくに個人で管理している場合は混乱してしまうことがあるからです。

ロングスパンで考えた場合、コミュニティコンテンツはコンパクトにまとめておいたほうが合理的です。

 

レスポンシブWebデザイン

デザインも重要です。

とはいえ、自殺系サイトの場合、スマホの画面にバランスよく表示されるレスポンシブWebデザインにまだ対応していないサイトが多いというのが、実情です。

穿った見方をすると、これは自殺系サイト管理人の場合、編集作業に向いているPCからネットへアクセスする機会が多いことが関係しているのではないでしょうか。

いうまでもなく、ネットコンテンツは総じてレスポンシブWebデザインが標準的になりました。

だから、まだ導入していない場合は自動的にレスポンシブWebデザインが適応されるWixやブログをトップページにするというのも合理的です。

 

あと、テキストの作成方法やSEO対策も紹介したいところですが、すでにそちらは筆者の個人ブログで説明しています。

なお、そちらはもともとブログの運営用に書きました。

けれども、汎用性があって幅広く応用できることからついでにリンクしておきます。

経験豊富な人はリニューアルのための参考にしてみるもよし。

これから作成を検討している人はステップアップのためのチャレンジにしてみるもよし。

 

参考記事

ブログをアクセスアップさせる方法の実況中継(文章編) - たまごんのブログ

ブログをアクセスアップさせる方法の実況中継(キーワード編) - たまごんのブログ