Ghetto

人によってはすこし暗いと思うかもしれないけど、生きにくさの解決や緩和などを目的としたやすらぎの場です

Ghetto

時代は自殺系サイトから自殺系コミュニティへ

f:id:ydet:20190927233329j:plain

今回も、自殺系サイト関係の話をします。

具体的には、自殺系サイトやSNS自殺系コミュニティについてです。

なお、本サイトで言及する『自殺系サイト』や『自殺系コミュニティ』とは、おもに生きにくさを解決や緩和させるための意見交換や互助交流用のところを意味します。

 

 

自殺系サイトと自殺系コミュニティ

3年前の座間の事件に象徴されるように、いま自殺願望のある人の多くはTwitterで話し相手を探したり、SNS自殺系コミュニティに参加したりするパターンが主流になっています。

ところで、SNS自殺系コミュニティを『自殺系サイト』と呼んでいる場合、正しくは『自殺系コミュニティ』と言い換えたほうが妥当ではないでしょうか。

というのは、『自殺系サイト』と『自殺系コミュニティ』は、自殺問題を扱っているという同一の前提に包摂されているという意味では共属になります。

しかしながら、可及的に適切な言葉を使わなければ正確な説明ができないからです。

 

自殺系コミュニティの台頭

いまや自殺願望のある人は、SNS自殺系コミュニティのほうに行く傾向があります。

そうしたことが関係し、近年の厚生労働省のサイトにも自殺防止の相談に対応した団体へのガイドページを設置しています。


参考サイト:SNS相談|自殺対策|厚生労働省

 

放置された掲示

自殺系サイトが、ある程度賑わっていた2010年頃までと近年の事情を説明します。

近年はもともと自殺系サイトのユーザーだった8割以上の人は、TwitterSNS自殺系コミュニティに流れました。

それならば、自殺系サイトにまったくユーザーが集まらなくなったのか、というとそういうわけではありません。

たとえば、放置されている自殺系掲示板には稀に賑わっているところもあるからです。

ところがそうした場合は、自殺相手の募集が行われていることもあり、やがて掲示板が削除(ときどき数年そのままになっている場合もある)になるパターンがほとんどです。

 

放置された掲示板が膨張し、消えるプロセス

その場合、次のようなプロセスになります。


①放置されたことでルールが機能しにくくなる

②その無秩序な風土が集客の要因になる

③人が集まっても、①で説明しているようにルールが機能しにくい

④そのため、自殺相手の募集が起きやすくなる

掲示板の削除

 

放置された掲示板の問題

上記の場合は閉鎖などの理由で放置された後も、常連がある程度残っていることが条件になります。

よって、先ほどのような問題が起きるのは放置されたところのなかでも少数になります。

なお、もしそうなっている場合は変な方向に傾くおそれがあるので注意が必要です。

自殺以外の問題にも話を向ければ、ヤバい団体が無断で乗っ取って自分たちのやっている活動に利用することもできるからです。