Ghetto

自殺願望や生と死について語ることを目的としたところ

自殺志願者の憩いの場

f:id:ydet:20191008163451j:plain

久しぶりの更新になります。

今回は自殺系サイトに関する話をします。

具体的には、自殺志願者の憩いの場という自殺系サイトとそこの管理人をされていた待宵月さんにフォーカスします。

なお、2000年代の話も多く、人によってはノスタルジアを喚起するような内容になっています。

 

 

自殺志願者の憩いの場

この界隈でとくに存在感のあった自殺志願者の憩いの場は、すでに閉鎖されました。

この界隈では、いまや自殺志願者の憩いの場のことを知らない人も多くなりましたね。

自殺志願者の憩いの場とは、1999年から待宵月さんによって運営されていた老舗の自殺系サイトです。

ちなみにカテゴリはコミュニティ型で、自殺願望や生きにくさを抱えているひとの意見交換や互助交流を目的としたサイトでした。

 

自殺志願者の憩いの場の閉鎖理由

その関係で気になっていることがあります。

ずばりいうと自殺志願者の憩いの場の閉鎖理由です。

筆者の場合、長年自殺系サイトをウォッチしていますが、それはときどき休止期間を挟んでのことです。

そのため、自殺志願者の憩いの場の閉鎖になった時期と自殺系サイトのウォッチを休止していた時期が重なっています。いうまでもなくさすがに年がら年中自殺系サイトをウォッチしていたというわけではありません。

ちなみにそうしたときのサイトの運営は、問題のある発言があるとユーザーの方々から報告があったのでそうやって管理をしていました。

さて、ネット上の掲示板にも自殺志願者の憩いの場について語り合っている掲示板はいくつかありました。

にも関わらず、なぜか自殺志願者の憩いの場の閉鎖理由が...見当たりません!

なんでですかね?

あと、自殺志願者の憩いの場と並んでアクセスの多かったコミュニティ型の自殺系サイトのいっしょに生きよう(元嘆きの壁)さんにも久しぶりに行ってみたところ、そちらもコミュニティコンテンツのほとんどにアクセスできなくなっています。というわけでいま界隈は寂寥としています。

 
参考サイト: いっしょに生きよう - 「死にたい気持ち」の置き場所

 
そうしたなか、いまコンスタントにアクセスがあるコミュニティ型の自殺系サイトは、新興サイトである次元の彼方さんくらいでしょうか。

 
参考サイト: 次元の彼方 

 

自殺志願者の憩いの場の謎

自殺志願者の憩いの場は、コミュニティ型の自殺系サイトでは最大規模でした。

つまり、界隈からもう落ち目だと思われている可能性のあるこのサイトとは異なり、しばらく安定したアクセスがあったわけです(笑)

ついでにいうと自殺志願者の憩いの場の管理人の待宵月さんはハンディを抱えられていたはずですが、サイトの文章を読んでいると人間的な基本性能はしっかりしているように感じられました。

また、自信に満ちた人間だという印象もありました。すなわちどちらかというと気が弱くて自己評価の低い筆者とは対照的な気質でした。

それにしても、自殺志願者の憩いの場はあれだけ大規模なところだったのに肝心な閉鎖理由が見当たらないのはなぜでしょうか? ひょっとして管理人の待宵月さんは失踪でもされたということなのでしょうか?

しかも、自殺志願者の憩いの場に関する閉鎖情報以外の雑多なインフォメーションばかりネット上を漂流しているのはすっごい不思議。

もし、長年運営しているサイトの運営が困難になったのならですよ。

ご本人のインテリジェンスからしても、矢張り関係者に周知されるようにするほうが自然ではないでしょうか。

 

自殺志願者の憩いの場のコンテンツ

ついでに自殺志願者の憩いの場のコンテンツをざっくり説明します。

自殺志願者の憩いの場には、長年トップページに現代人が生き辛さを感じる原因を解説した文章がありました。また借金問題の相談サイトへのリンクが張られていたことが印象に残っています。

ちなみに後者は、債務整理や自己破産などの法的手続きへのガイドになっていました。さらにいうと保証人への呼びかけといった専門的な知識がないと対応しにくい問題を解決へつなげるガイドにもなっていました。

そうしたことからも、良心的なところだったと記憶しています。

あと、自殺志願者の憩いの場にはCGIというプログラムで動き、参加者が自分のプロフを作成できるチャットがメインコンテンツになっていました。ただそのCGIはひんぱんに大量の発言があるとサーバーに負荷が掛かりやすくなります。

高負荷のCGIを設置できるサーバーは多くありませんが、チャットの場合は荒らしが連投することでサーバーがダウンすることがあります。


情報提供募集中

しかしながら、仮にそうした問題によって運営が暗礁に乗り上げたのならば臨時のサイトやブログを設け、そちらに事情をアップすることもできたはずです。

ちなみに待宵月さんが昔運営していた個人ブログもあり、そちらは後で紹介させていただきます。

ところで筆者の場合、待宵月さんとはひんぱんに連絡をしていたわけではありません。以前交流のあったサイトの管理人さんは何人かはいましたが、そうしたサイトの多くは閉鎖しました。

ついでにすこし前の話をすると、2000年代前半の自殺系サイト界隈は黎明期の気配が残っていました。そのため当時は参入障壁が低く、雨後の筍のようにたくさんのサイトが登場しました。

だが、自殺系サイトの場合長年運営されていることはすくなく、界隈が賑わっていたときに開設されたサイトも3年以内に閉鎖になる場合が多かったのです。

そうした事情があったため、他のサイトの管理人さんとは音信不通になりやすく、結局のところ自殺志願者の憩いの場の閉鎖理由はよく分からないというのが実情です。

それでも、このサイトを運営している関係で自殺志願志願者の憩いの場の閉鎖や再開について問い合わせをいただいことがあります。

なので、事情をご存知の方は教えていただけると嬉しいです。

 

情報提供希望先:Mail Form

 

待宵月さん

自殺志願者の憩いの場の管理人をされていた待宵月さんのブログはまだ残っているので、参考までにリンクしておきます。


参考ブログ:自殺志願者の憩いの場 - livedoor Blog(ブログ)

 

それにしても、待宵月さんのブログを見て思いましたが、10年以上も更新が途絶えたコンテンツが残っているというのは不思議ですよね。

昔の自殺系サイトはサーバー側の事情で閉鎖になることがときどきありましたが、ただし、前述した待宵月さんのように管理人の個人ブログが残っている場合もあります。

ちなみに自殺志願者の憩いの場と待宵月さんは、この界隈のライブドアホリエモン堀江貴文)のような存在でした。

これは冷やかしではなく、要するにそのくらい存在感があったということです。

そういえば、待宵月さんはこのサイトのチャットにときどき遊びにきてくれることもありましたね。

 

自殺系サイト界のホリエモン藤田晋

自殺志願者の憩いの場の待宵月さんは、ハンディを抱えながらもアクティブにサイトを更新するまじめな管理人さんだったというのが筆者の理解です。

さきにも説明したように、筆者は自殺志願者の憩いの場と待宵月さんのことをライブドアホリエモン堀江貴文)に見立てていました。

その一方、自分のサイトと筆者はサイバー・エージェントと藤田晋さんのようなポジションになることを意識していたことがあります。

ただし、筆者の場合とくに有名ではありません。

 

自殺系サイトのユーザー

もうひとつ自殺系サイトについて伝えたいことがあります。

というのは、自殺系サイトに出入りしているからといってほとんどの人が自殺するわけではないということです。

サイトの性質上、ネガティブなことがあると目立つのも事実なのだけれど。

俯瞰してみるとしばらく生と死について語り合ったり、そうした話をロムしたりしながらなんとなく生きている筆者のような場合も多いのです。

そうした場合、時が流れても利用していたサイトを思い出すと懐かしくなることがあります。