Ghetto

人によってはすこし暗いと思うかもしれないけど、生きにくさの解決や緩和などを目的としたやすらぎの場です

Ghetto

ライフスタイル

マナーと良心

今回は、前回のエントリーに東京暮らしの例え話として書こうと思ったことについてです。 どういうことかというと、近年地方から上京する知人が増えています。 そこで、上京した知人たちに了解を得てその人たちの話(もちろん個人的すぎる情報は伏せて)をす…

北海道の話

前回説明したようにいまは季節柄北海道を連想しやすいことから、今回は北海道の話をします。 北海道の話 北海道の住宅事情 雪の記憶 北海道の話 すこし前に都市が繁栄する条件を用い、なぜ東京圏の人口が急増したのかを説明しました。 都市が繁栄する条件 ①…

ガスライティングの話

前回、情報が精神状態に及ぼす影響について説明しました。 そうした被害をブログやSNSで主張している場合、ガスライティングの被害を訴えていることも多いです。そこで今回は、近年ネット社会からも注目されているガスライティングの話をします。 ガスライテ…

情報と精神状態

精神状態が思わしくありません。 いまもすこしそうです。 これには事情がありますが、詳しいことは後述します。 精神状態 客観的視点 固執が生じやすくなる条件 思考の轍 緩和策 精神状態 端的に言うとガスライティングではないと思います。 けれども、とく…

リボ払い問題

前回、借金と処世術について話をしました。 今回も、前回の話に関係した内容になります。 さて、ほしい物がある場合にリボ払いに手を染めることも、借金の入り口になりやすいので極力控えるべきです。 これは重要なことですが、なぜなら借金をするための思考…

借金と処世術

相変わらず、コロナ渦の影響でまだ緊急事態宣言が発令されているところもあります。 こうした社会情勢が長引けば、借金を検討する人も増えることでしょう。 そこで、今回は借金と処世術について語ります。 借金と処世術 サラ金の多重債務者の脳機能 サラ金の…

テレワークと脳機能

2020年4月7日、新型コロナウイルス対策のため、東京・神奈川・埼玉・千葉・福岡・兵庫の7都府県に最初の緊急事態宣言が行われました。 その時期から首都圏を中心にテレワークが普及しましたが、業務内容のほとんどがテレワークにシフトする人は今後も増える…

読書について

前回のエントリーを読んでいて、読書について思ったことを中心に語ります。 そういえば、若い頃の筆者も経済的に恵まれていたわけではありません。それでも近年は、ときどき参考書などを読むことで部分的に欠損のあったところを勉強し直すようにしています。…

散歩と追憶

すこし前に夜間の散歩に出ていましたが、今回はその話が中心です。 ちなみに散歩中は、静かに流れている乾いた空気から冬の気配が増しているとも思いました。 散歩と追憶 処世術 エンパシー 自殺の要因 散歩と追憶 ある季節の気配が鮮やかになり、いつしかあ…

人生が気楽になるのは30代半ばから

相変わらず、コロナウイルスが蔓延していて経済や社会への影響も深刻です。 それに輪をかけて、おそらくこの状態はインフルエンザのようにこの先も続く可能性が高いとされています。 加えて、労働の多くをAIが行うようになってきている社会情勢も関係し、将…

17周年

久しぶりの更新になります。 もう10月ですが、今日でGhettoは17周年です。 自殺系サイトの話 日本の自殺問題 しなやかに生きよう 自殺系サイトの話 今日でGhettoは17周年です。 とはいえ、この数年はリンク集であるいのちの通り道にアクセスが偏向するように…

自殺志願者の憩いの場

久しぶりの更新になります。 今回は自殺系サイトに関する話です。 なお、本サイトで言及する『自殺系サイト』とは、おもに生きにくさを解決や緩和させるための意見交換や互助交流に向いたところを意味します。 今回は平たくいうと、まず自殺志願者の憩いの場…