Ghetto

自殺願望や生と死について語ることを目的としたところ

なぜ東北型の社会では自殺が多いのか

今回は自殺と地理の話をします。 とくに自殺者が多いのは、青森や秋田や岩手といった東北の県です。それから富山や島根といった日本海側の県に長年固定されています。 そうしたところの気候についていうと、風が強くひんぱんに天気が変わり、冬に雪が降ると…

17周年

久しぶりの更新になります。 もう10月ですが、今日でGhettoは17周年です。 自殺系サイトの話 日本の自殺問題 しなやかに生きよう 自殺系サイトの話 今日でGhettoは17周年です。 とはいえ、この数年はリンク集であるいのちの通り道にアクセスが偏向するように…

自殺系サイトの作り方

引き続き自殺系サイト関係の話です。 具体的には運営や技術的な話になります。 なお、本記事は互助交流や相談を目的としたどちらかというとカウンセリングタイプのところのサポートになることを目的としています。 自殺系サイトの構造骨 コンテンツはシンプ…

自殺系サイト規制論とそのプロセス

今回は自殺系サイトの話です。 自殺系サイトが具体的に規制されないことには、自殺相手の募集や出会いを目的とした掲示板をしばらく設置している一部のサイトと、多数派である互助交流を目的としたカウンセリングタイプのサイトがしばらく混同されていたこと…

時代は自殺系サイトから自殺系コミュニティへ

今回も、自殺系サイト関係の話をします。 具体的には、自殺系サイトやSNSの自殺系コミュニティの定義についてです。 自殺系サイトやSNSの自殺系コミュニティは、前提として自殺願望のある人が交流することを目的としたサイトやSNSであることです。 自殺系サ…

以前と近年の自殺系コンテンツ

今回は、以前と近年の自殺系コンテンツの話をメインにしていきます。 以前と近年の自殺系コンテンツ 自殺系コンテンツを作る前に キュリオシティ・ドリヴンの可能性 以前と近年の自殺系コンテンツ こちらでは、以前と近年の自殺系コンテンツの重要な情報や異…

自殺志願者の憩いの場

久しぶりの更新になります。 今回は自殺系サイトに関する話をします。 具体的には、自殺志願者の憩いの場という自殺系サイトとそこの管理人をされていた待宵月さんにフォーカスします。 なお、2000年代の話も多く、人によってはノスタルジアを喚起するような…

test

test

第一印象とイメージ

今回は自殺名所を通し、第一印象とイメージの話をします。 ついでに、紹介したい映画作品があるのですが、詳しくは後述します。 さて、いうまでもなく自殺問題を扱ったネットコンテンツは総じてネガティブです。 だからといって、事件の発生率が極端に高いの…

法治国家

日本では、個人よりも全体のメリットを重視する傾向があります。 そのため、それに沿って世論が形成される傾向があり、これは法的な解釈に影響する場合もあります。 そこで、今回は法律とその解釈の話をします。 法治国家 公共の福祉とは 幸福追求権とは 所…

情報のカスケード

今回は、サイトのリニューアル作業に関係した話です。 その時期は、バタバタしていてインスタント食品や缶詰ばかり食べていましたが、朝食のおかずのツナ缶を食べようと缶を開けたときのことです。 プルトップを強めに上に引いたのか、あるいは蓋の後部を押…

処世術

今回は、この2年間の自殺系コンテンツの情勢を考慮した話をします。 ひんぱんに、後述するようなことを直観した場合は注意が必要です。 自殺系コンテンツを利用するときの注意 処世術 自殺系コンテンツを利用するときの注意 まず、自殺系コンテンツを利用す…

暗闇と松明

今回は、自殺系サイトや精神系サイトに長い時間滞在するときの話です。 さしあたりの注意点で、具体的には精神状態をメインに説明します。 暗闇 松明 ライトアップ 自殺願望者のケアについて 暗闇 さて、自殺系や精神系コンテンツに長い時間滞在していると、…

いのちの通り道

いのちの通り道へようこそ。 いのちの通り道は、生と死に関するサイトのリンク集です。 Suicideカテゴリは、自殺願望や生きにくさの相談や互助交流にご利用ください。 Minimalismカテゴリからは、日々社会情勢の変化する激動の時代を生き抜くために重要な、…

Site Guide

ようこそ,Ghettoへ。 管理人のゆでたまご(たまごん)です。 このサイトは自殺に関する情報を含み、自殺系サイトなどと呼ばれることがあります。 しかし、自殺相手の募集や自殺を幇助するなど、法律にふれることは基本的にお断りしています。 自殺願望や生と死…

リニューアル

Ghettoをリニューアルしました。 夏場から初心に立ち返り、しばらくウェブデザインとSEO(検索エンジン対策)の勉強をやり直すことに心血をそそいでいましたが、リニューアル作業もデザインとSEOから着手しました。 お知らせ アナロジー 近況 お知らせ とこ…