Ghetto

人によってはすこし暗いと思うかもしれないけど、生きにくさの解決や緩和などを目的としたやすらぎの場です

Ghetto

人生が気楽になるのは30代半ばから

f:id:ydet:20191008163451j:plain

相変わらず、コロナウイルスが蔓延していて経済や社会への影響も深刻です。

それに輪をかけて、おそらくこの状態はインフルエンザのようにこの先も続く可能性が高いとされています。

加えて、労働の多くをAIが行うようになってきている社会情勢も関係し、将来の見通しが立たず、投げ遣りになっている若者が続出しています。

最たる例として、しばらく若年層の自殺が深刻になっていることがあげられます。

しかも、先進7ヶ国(G7)のなかで若年層の死因の1位が自殺になっているのは日本しかありません。この状態は長年続いています。

いったいこれは何ということでしょうか。

そこでこちらでは、ガイドに掲載していたメッセージをさながら固定ツイートのようにしてトップに設えます。

こうした手法は、すでにはてなブログの代表的なブロガーであるphaさんなども実践されていますが、掲載期間は未定です。

 

人生が気楽になるのは30代半ばから

さて、これは生きにくさを抱えた読書家やミニマリストなどの、とくに物事を深く考えこみやすい若者へ伝えたいことです。

可能なら、30代半ばまで生きてみてください。

もし、人生がつまらなかったり、惨めに感じられたりしたとしても30代半ばまで生きてみてください。

なぜかというと、そのくらいの年齢になると精神的にも年々安定してくる傾向があり、人生が気楽になりやすいからです。

『本当かな?』と思ったら、ためしに30代半ばまで生きてみてください。そうすれば後で意味が分かります。

繰り返します。

人生が気楽になったり、味わい深くなったりするのは30代半ばからです。

もし、筆者の言っていることがあなたの心の片隅に残り、後でその通りだと感じたら、今度はあなたが他の人にそのことを話してみてください。

ネットコンテンツとしてのカテゴリ

f:id:ydet:20191008163451j:plain

いまのGhettoの運営元はブログです。

だから、コンテンツガイドなどの説明文にもネットコンテンツとしてのカテゴリは、ブログと書いたほうが自然なのではないか、といったご意見もあるかもしれません。

そこで端的に補足します。

しばらくGhettoのメインコンテンツはテキスト(エントリー)になっていますが、サイドコンテンツを含めるとコンテンツ数が豊富です。

そのため、ネットコンテンツとしてのカテゴリはサイトのほうが自然なのではないか、と考えるようになりました。これにはもともとコミュニティ型のサイトだったこともすこし関係しています。

ついでに先ほどのことに関係した昔の話をします。

とりあえず、Ghettoをブログに移動し、リニューアルしたときもテキストをメインコンテンツにする方針でした。

そうはいっても、ネットコンテンツとしてのカテゴリは『サイト』か『ブログ』どちらかにしなければいけない、といったこだわりはさしてありませんでした。事実、どちらも適当だったからです。

ただし、ブログよりもサイトのほうが若干定義が広くなる分、便利だと思いました。

そういえば、ご存知の人も多いはずですが、書籍化されて大ヒットした村上春樹の『村上さんのところ』というネットコンテンツがありました。ちなみにあちらもブログシステムで運営されていました。

にもかかわらず、『村上さんのところ』の場合も情報量が多かったり、読者の意見がポストされるコンテンツもあったりしたからなのか、サイトという体裁でしたし。