Ghetto

自殺願望や生と死について語ることを目的としたところ

第一印象とイメージ

f:id:ydet:20191101033928j:plain

今回は自殺名所を通し、第一印象とイメージの話をします。

ついでに、紹介したい映画作品があるのですが、詳しくは後述します。

さて、いうまでもなく自殺問題を扱ったネットコンテンツは総じてネガティブです。

だからといって、事件の発生率が極端に高いのかというとそこまで深刻ではありません。

それどころか、援助交際(一応人類最古の商売だから)が跋扈している出会い系サイトの方が事件が起きやすいというのが現実です。

そうした出会い系サイトは、痴情のもつれによる暴力行為や美人局などもすくなからずあり、犯罪の温床になっています。

さしあたり、サイトのルールにも抵触しているのは明白です。

なお、全体からすれば一部でもイメージの悪いことが散見するとその場所のヴァリューが下がります。

ただし、その逆のこともあります。

どういうことか?

説明が遅れましたが、たとえばトップの画像はアメリカでいちばん有名な自殺名所のゴールデン・ゲートブリッジです。

自殺名所という言葉の第一印象は悪いですが、これは神秘性を深めて集客効果をもたらしている可能性があります。

ついでにいうと、日本の青木ヶ原樹海もゴールデンゲート・ブリッジと同じように自殺名所であることが神秘性を深めて集客効果をもたらしている節があります。 f:id:ydet:20171029161824j:plain

この記事を書いている最中も、とくにゴールデン・ゲートブリッジの画像に見とれていましたが、荘厳できれいですよね。

お正月映画は、久しぶりにゴールデンゲート・ブリッジでの自殺者を扱った映画『ブリッジ』でも観ようかな。

ちなみに、本作は2004年から1年間ゴールデンゲート・ブリッジにカメラを設置してメイクされたドキュメント映画です。

ブリッジでは、橋から水面にダイブして自ら命を絶つ人々を撮影し、後に関係者へ行ったインタビューも収録されています。

自殺の良し悪しについてまで言及はしていませんが、必要以上に自殺という行為を美化するようなこともしていません。希少な上に完成度が高いという評価が多いのはこのためでしょう。

生きている実感を得るためといったポジテイブな目的のために観るのもいいのではないでしょうか。

参考映画

ブリッジ [DVD]

ブリッジ [DVD]