Ghetto

自殺願望や生と死について語ることを目的としたところ

処世術

f:id:ydet:20191101034856j:plain

今回は、この2年間の自殺系コンテンツの情勢を考慮した話をします。

ひんぱんに、後述するようなことを直観した場合は注意が必要です。



自殺系コンテンツを利用するときの注意

まず、自殺系コンテンツを利用するとき注意が必要な場合を紹介します。

すると、次のようになります。


1.すぐに会うことを求めてくる場合
2.男性が女性に接触してくる場合
3.成人が未成年やハンディのある人に接触してくる場合
4.さまざまな方法で個人情報を熱心に調べてくる場合
5.差別やハラスメントと解釈できることをしてくる場合
6.財産権や身体権や生命権などを侵害してきた可能性のある場合
7.以上のことを他の建前を装って行ってくる場合
8.以上のことを教唆や幇助して行ってくる場合

これまでに界隈で発生した他害性の高い事件や社会情勢などから考えると、3個以上に該当している場合は猟奇的でショッキングな目的を疑った方が無難。

なのだけれども、5番目か6番目が含まれず5個以上に該当している場合、あるいは5番目か6番目が含まれ2個以上に該当している場合はなおさらです。

そうなると、危険度は中以上。

さらにいうと、5番目と6番目が含まれ、4個以上に該当する場合(ぎりぎり境界になる35ポイントの場合も)は要注意。

詳述すると、先の事項には各5ポイントが割り振られていますが、5番目と6番目は20ポイントになります。

危険度の各分岐点は軽度(15ポイント)、中度(25ポイント)、重度(35ポイント)に設定していますが、けっこうロジカルでしょ?

なお、重度の場合がいまも続き『本当におかしい人だ』と直観した場合は、一目散に逃げ出すべきレベルです

ただし、斟酌すればつい気になった人に遠慮気味に個人情報をたずねる程度なら誰にでもあります。

なので、その程度なら捨象しても問題ありません。

また、過去のことでもう変な影響が出ないようならさっさと水に流すのもいいでしょう。


処世術

先の事項のポイントによる解析は、現実社会でヤバい人を見分けるときにも役立ちます。

それと、もし重度の相手と接触しなければならない場合、みすみす文句をいったり否定的な態度は取ったりせず、淡々として付け入る余地を与えないようにする方が無難です。

なお、困ったときは人生経験の豊富な人に相談するというのも合理的です。

ましてや、人権が侵害されて困惑しているならそのことを相談するのは恥ずべきことではありません。

とりわけ、エビデンスになりえることを説明できればいまの社会情勢も関係し、力になってくれる人は多いでしょう。

人権というと、キリスト教圏の国ほどすんなり理解されにくい場合もあるかもしれませんが、日本は民主主義の法治国家だからです。 f:id:ydet:20191103174007j:plain

ちなみに、筆者の場合は、ネットと現実とも交流のあった人たちは良い人ばかりでしたし、本当におかしい人とは定期的に付き合ったことはありません。

あと、自分が自殺系コンテンツというか自殺系サイトにひんぱんに出入りしていたときの話をすこしすると、Club Sui-Cide、自殺掲示板(モッツアレラさんのところや第二自殺掲示板があったところ)、自殺志願者交流会館、水鏡の楼、埋葬の音のように良心的なところは人生の勉強にもなってラッキーでした。