Ghetto

自殺願望や生と死について語ることを目的としたところ

以前と近年の自殺系コンテンツ

f:id:ydet:20200429195122j:plain


今回は、以前と近年の自殺系コンテンツの話をメインにしていきます。

 

 

以前と近年の自殺系コンテンツ

こちらでは、以前と近年の自殺系コンテンツの重要な情報や異同の抽出作業を行い、所見を添えてみます。

さて、自殺系コンテンツについて考える上で、重要なポイントを抽出すると次のようになります。

  • 自殺系サイトは、2010年頃まである程度賑わっていてブルーオーシャンだった
  • 近年自殺系サイトのユーザー層の8割程度は、SNS自殺系コミュニティに流れた
  • 放置傾向のある自殺系掲示板は、自殺相手の募集が中心になっているが賑わっていることがある

なお、SNSのハードな自殺系コミュニティの場合、招待制のところを含めた正確な実数を把握することは、短期間に場所を移動したり、閉鎖したりしている場合もあることから困難だということを付記しておきます。

 

自殺系コンテンツを作る前に

前述した抽出情報は、自殺系コンテンツに関心がある場合、参考にしてみるといいでしょう。

なお、集客のハードルが高くなり、トラブルが生じやすいので経験やノウハウが必要になる事実から演繹的アプローチをすると、いまや新たに自殺系コンテンツを作ることは参入障壁が高く、レッドオーシャンになっていることが分ります。

ただし、試験的に作って様子を見る程度なら、フラジャイルは低下します。

 

キュリオシティ・ドリヴンの可能性

もし、学術的な基礎教育を受けていてこの分野に関心のある場合、たとえばレイブやカルチュラルスタディーズの方向にすこし視点を移し、自殺問題などと絡めて模索すると意外と視野が広くなっておもしろいかもしれません。

すなわち、これは目標とは直接関係なさそうな脇道に好奇心を持っていき、視野を広げたり論理の呪縛から解放されたりすることで、画期的な発見につなげようとするキュリオシティ・ドリヴン型の発想です。

f:id:ydet:20200429200146j:plain

ところで、キュリオシティ・ドリヴンとういう概念は、目標に向かって直線的に最短距離を突き進むゴール・オリエンテッド型の発想とは対の概念ですが、近年その効果が着目されGoogleなどの企業に採用されています。

キュリオシティ・ドリヴン型の発想で、前述した方向に目を向けてこの分野を模索する場合、たとえば鶴見済さんと清野栄一さんの共著『レイブ力』はいいテキストになるのではないでしょうか。


参考書籍

レイヴ力―rave of life (単行本)

レイヴ力―rave of life (単行本)

 

 

自殺系サイトと表現の自由

久しぶりの更新になりますが、自殺系サイトに関する話をします。

具体的には、自殺系サイトと表現の自由の話になります。

 

 

自殺志願者の憩いの場と待宵月さん

2000年代始めからこの界隈でとくに存在感のあった、自殺志願者の憩いの場はすでに閉鎖されました。

しかし、自殺志願者の憩いの場の管理人をされていた待宵月さんのブログは、まだ残っています。

一応、参考までにリンクしておきます。


参考ブログ:自殺志願者の憩いの場 - livedoor Blog(ブログ)

 

それにしても、待宵月さんのブログを見て思いましたが、10年以上も更新が途絶えたコンテンツが残っているというのは、考えてみると不思議ですよね。

自殺系サイトの場合、サーバー側の事情でサイトが閉鎖になる場合が多かったのですが、ただし、前述した待宵月さんのように管理人の個人ブログが残っていることもときどきあります。

そういえば、自殺志願者の憩いの場の管理人をされていた待宵月さんは、この界隈のホリエモン堀江貴文)のような存在でした(笑)

とはいえ、これは冷やかしているのではなく、そのくらい存在感があったということです。

 

自殺系サイト界のホリエモン藤田晋

僕は、待宵月さんとはこまめに連絡をしていたわけではありません、

待宵月さんは、ハンディを抱えながらも意外とアクティブにサイトを更新し、まじめな管理人さんだったというのが僕の理解です。

あと、少々不器用なところもあってうっかりされていることもあったように記憶しています。

ここだけの話ですけど、僕は自殺志願者の憩いの場と待宵月さんをライブドアホリエモン堀江貴文)に見立ていたことがあります...。

その一方、自分のサイトと僕はサイバー・エージェントと藤田晋さんのようなポジションになることを意識していたことがあります(笑)

ただし、僕の場合とくに有名ではないですけどね。